高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)は、「副作用のないがん治療」として抗がん剤治療の代わりにアメリカで注目されたのをきっかけに広まった療法です。
抗がん剤治療にはつらい副作用が多く、さまざまな理由から続けていくことを断念する患者様が少なくなかったことから、補助的な選択肢として関心を集めています。

ビタミンCを75~100gを点滴投与すると、過酸化水素が生成されます。正常な細胞はもともと過酸化水素から影響を受けませんが、がん細胞は濃縮・細胞死を誘導されます。このことは、アメリカの国立衛生研究所(NIH)、国立ガンセンター(NCI)、食品薬品局(FDA)の研究者が共同研究を行ってわかりました。2005年には高濃度ビタミンC点滴療法ががんの化学療法剤として可能性を持っていることがアメリカ科学アカデミー紀要(PNAS)に発表され、同じグループの研究者がカナダ医師会雑誌に高濃度ビタミンC療法が著効した3症例を発表しています。
こうした研究を受けて現在、アメリカのカンザス大学やジェファーソン大学では、卵巣がんや悪性リンパ腫に対するトライアルが行われています。さらに、約1万人の医師や自然療法医・統合代替医療医が高濃度ビタミンC療法を導入し、アメリカの各地で高濃度ビタミンC点滴療法の研修会が頻繁に開催されています。

高濃度ビタミンC点滴をおすすめしたい方

  • がん予防、がん治療
  • 動脈硬化の予防
  • 慢性疲労
  • 認知症の予防
  • カゼ、インフルエンザ予防
  • 美肌、美白、シミ予防、シミ改善
  • 風邪の症状緩和

当院ではカウンセリングを行った上で、最適な点滴療法をご提案しています。お気軽にご相談下さい。

高濃度ビタミンC点滴療法にはアンチエイジング効果も

高濃度ビタミンCを使ったがん治療では、お肌がきれいになった、身体の調子がよくなったという効果も現れることが分かり、がん治療だけでなく健康や美容のためにも用いられるようになってきています。

高濃度ビタミンCは老化につながる酸化を抑制する抗酸化作用があるビタミンです。加齢やストレスなどによる肌の酸化を防ぐことからシミやくすみの改善にもつながりますし、ビタミンCにはコラーゲン生成作用もありますのでお肌の潤いやハリといった効果も期待できます。

また、ストレス、飲酒、喫煙では体内のビタミンCが破壊されますので、飲酒やタバコを吸われる方にもおすすめできます。

高濃度ビタミンC点滴療法の治療の流れ

高濃度ビタミンC点滴療法は、完全予約制となります。
医師の診察と採血検査を行い、点滴可能と診断されると点滴療法が始まります。

数回の点滴後はビタミンC血中濃度測定を行い、状態を確認致します。

*腎機能の低い方や栄養状態の悪い方、脱水症状のある方、現在透析中の方。不安のある方はその旨医師にご相談下さい。

投与量・周期

ガン治療の場合

初回のビタミンC投与量は12.5g~となります。
2回目以降は、医師とお身体の状態を見ながら量を調整します(最大100g)。
最初の6ヶ月は週2~3回、6ヶ月目から12ヶ月目までは週1回 2年目以降は月2回程度の頻度で点滴を行っていきます。

ガンの予防・アンチエイジングの場合

ビタミンCの投与量は12.5gとなります。 2回目以降は、医師とお身体の状態を見ながら量を調整します。
2週間に1回程度の間隔で継続すると効果的です。

点滴の時間

30~180分(点滴の量によって変わります)